ここでは情報は出てなかったと思いますが・・・。

『シンデレラ』・『高慢と偏見とゾンビ』などで主演していたリリー・ジェームズさんが、『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』という作品で脱いでいました。

初めに服を脱ぐシーンでバストトップ、バックからのカットでお尻も確認できます。濡れ場は数回ありますが、バストトップをはっきり確認できるのはその1シーン1カットのみです。
他にアフターセックスのシーンで、ベッドから起き上がり移動する一瞬で陰毛も見えています(コマ送りや静止などしないと気付かないと思います)。その後に服を着る直前に横からのアングルで胸・お尻も確認できますが、これらのシーンは顔は映っていないシーンでもあります。

ただ事前情報がなく、わずかな期待で見たところでのヌードだったので、喜びはひとしおでした。
ナイス!4
娼年 レンタル開始

ミスFLASH2013の階戸瑠李
オープニングシーンから
惜しみなく美乳全開
ナイス!18
純平、考え直せをご覧になった方、
柳ゆり菜さんの濡れ場シーンをできるだけ、細かく教えていただけないでしょうか?
ナイス!140
ヌード・濡れ場が期待できそうな作品を挙げていきます(ほぼ確定している情報もあります)。


9月28日公開予定(東京はTOHOシネマズ シャンテ、大阪はステーションシティシネマ、他全国ロードショー予定)
『かごの中の瞳』(アメリカ。R-15+)
出演:ブレイク・ライブリー、ジェイソン・クラーク、アナ・オライリー、イボンヌ・ストラホフスキー、他。
監督:マーク・フォースター

『ゴシップガール』シリーズのブレイク・ライブリーさんが、ヌードになっている事を公言している作品です。指定理由も性愛描写です。まぁ、どこまで見せているかは分かりませんが。


10月6日公開予定(新宿・K,s cinemaにて公開予定。大阪では九条のシネ・ヌーヴォにて、2019年に公開予定)
『シャルロット すさび』(日本・フランス合作。レーティング未定(無審査?))
出演:クララ・エレナ・クーダ、成田護、高橋恭子、大澤由理、クザマ、レダ、他。
監督:岩名雅記

『カメラを止めるな!』で赤ん坊を抱いた女性(お母さん)役をしていた高橋恭子さんが、脱いでいる可能性が高いです。
また、主演のクララ・エレナ・クーダさんはまさかの予告編でヘアヌードを見せています。
全編通してエロそうな内容なので期待はできますが、上映時間が3時間近くあるので、そこがネックではあります。


10月27日公開予定(新宿シネマカリテ他、全国順次公開予定)
『心魔師』(日本・中国合作。R-15+)
出演:生津徹、真崎かれん、小橋めぐみ、竹中直人、他。
監督:今野恭成

「楽天オーネット」のCMに出演していた三崎かれんさんが期待できるかも知れません。一応、指定理由は性愛描写なので。
ただ、『マリッジリング』でヌード経験のある小橋めぐみさんがいるので、果たして・・・?
可愛いので期待しています。


以上です。
ナイス!111
元AKB大島優子、来月の舞台で娼婦役。
三浦春馬との濡れ場があるとのこと。
ついに、生で拝めるのか・・!
ナイス!15
アクセス解析CGI